【優勝】前澤友作のカーレースの実力・レベルは本物?行動力と努力が賞賛!

スポンサーリンク

前澤友作氏が、5月11日、12日に富士スピードウェイで開催された、フェラーリ主催のカーレス『フェラーリ・チャレンジ・トロフェオ・ピレリ・ジャパン』に出場して、「コッパ・シェル アマクラス」で優勝して話題です。

前澤友作氏は、本格レースの大会に初出場、初優勝を勝ち取りっています。おめでとうございます。

現地観戦した人の声では、「初めてとは、思えないくらい上手でした。」とのことです。

前澤友作氏のレースの実力やレベルは実際に高いのでしょうか?チェックしてみました。

また、宇宙に行くなど行動力や努力もすごいひとです。今回のレースへの取り組みも一緒にみていきましょう。

目次
スポンサーリンク

前澤友作がフェラーリカーレスで優勝

引用元:AUTOSPORT WEB X

前澤友作氏は、フェラーリ主催のカーレース「フェラーリ・チャレンジ・ジャパン」のコッパ・シェル アマクラスで優勝しました。

表彰式では、F1さながらのシャンパンファイトをみせています。さすがお金持ちに前澤友作氏です。かっこいい。

どんな内容のレース?

今回のレースはどんな内容なんでしょう。

フェラーリのクライアントレース部門が開催している30年以上の歴史を誇る世界的なレースです。

使用車両は、このレースではフェラーリの「488チャレンジEVO」に定められています。

日本シリーズは令和5年からスタート

前澤友作氏が参戦したのは、令和6年シリーズの第2選目です。

車両や参戦費もかなりお金が必要なんです。さすがに一般庶民の遊びではないです。

  • 令和6年は4月の鈴鹿サーキットからスタートして5レースあります。
  • 国内Aライセンスの取得が必要
  • 車両は、488チャレンジEVOで価格は4000万円超です。
  • 参戦費:年間フル参戦 1360万円、 シングルレースのスポット参戦は370万円
スポンサーリンク

前澤友作のカーレースの実力・レベルは高いの?本物

前澤友作氏が参戦したレースは、「コッパ・シェル アマクラス」というアマチュアクラスとなっています。

カーレースの実力やレベルはアマの中ではかなり高いレベルです。

実際にSNSコメントを見ても、実力は賞賛されています。

アマクラスとはいえ、本格的なレーシングコースで初出場での優勝は、下手では絶対できなレベルです。

引用元:Yahoo!コメント

練習方法やどこで実力をつけた?

前澤友作氏は、かなり有名なプロドライバーに、シュミレーターでレッスンを受けています。

シミュレータは、プロも使う本格的なものです。

おそらくそれ以外にも、前澤友作氏クラスならコースを借り切って練習もしていたのかもしれません。

スポンサーリンク

カーレース優勝への声まとめ(行動力・努力が半端なし)

引用元:前澤友作 X

前澤友作氏の今回のカーレースへの挑戦は、行動力がすごく、努力も半端ないとかなりの賞賛を浴びています。

「モータースポーツは何かと費用が掛かるので参戦出来る人が限られてくるのが現実ですが、やれる人がやれるだけの事をすれば良いのです。」との声がありますが、まさしくそうです。

前澤友作氏クラスの人が、お金を使い、新たな挑戦をしていくことでお金を回していくことは大切。

  • こういう方がレースで経験を積みながら色々なことを発信して若者に向けてのモータースポーツの普及にも貢献してくださるとうれしいです。
  • やりたい事を全力でする 前澤さんは宇宙に行く時もほんとに子供のように楽しそうな顔してましたね そして努力も楽しんでしている
  • 有言実行、口先だけの人って多いけど前澤さんは行動力が凄い人だと思います
引用元:Yahoo!コメント
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次