【発言撤回】上川陽子(外相)の若い頃から生い立ちにビックリ!子供は2人!

スポンサーリンク

5月18日の静岡県知事選挙の応援演説で、上川外相は、「うまずして何が女性か」との発言して話題となっていました。

趣旨は、県知事選の応援演説の中で、「一歩を踏み出したこの方を、私たち女性がうまずして何が女性でしょうか」と女性が子供産むこととは無関係であったにも関わらず、対抗馬などにより間違った報道されてしまった。

19日に、上川外相は発言撤回しました。

「女性パワーで未来を変えるという私の真意と違う形で受け止められる可能性があるとの指摘を真摯に受け止め、この度、撤回をしたいと思う」

今回話題になった上川陽子氏ですが、若い頃からどんな感じの方だったのでしょうか?生い立ちや画像も含め紹介してきます。

また、子供や家系図や世襲議員であるのかもチェックしました。

目次
スポンサーリンク

上川陽子さんの若い頃から生い立ちに驚き!

51歳 平成16年頃

次期首相候補とも言われている上川外相ですが、今回不用意な発言で足を少しすくわれてしまいました。

ただ、「女性が子供をうまずして何が女性か」など全くそのような考えはない方です。

ただ、今の時代は発言には十分に気をつけるべきです。

さて、若い頃から生い立ちを見てきましょう。

子供時代

引用元:上川陽子さんのインタビー記事より

ほんと小さき時の写真ですが、可愛いですね。持っている人形が時代を感じます。

上川陽子さんは、1953年3月1日に静岡県で生まれています。現在は71歳です。

小さい時はあまり親からは勉強をせよ言われなかったみたいですね。

勉強は、あんまりうるさく言われなかったですね。ちょっと勉強するとものもらいができたり、七時ぐらいになると眠くなってしまう子だったものだから(笑)。やるときはすごく集中してやるということはあったけど。

母親の教育方針はすごい

ただ、母や教育はしっかり学ばしてあげたかったみたいです。

私の母は、自分が戦争中で教育を受けていないという意味で、そうじゃない子どもに育てたいということはあったと思うんです。

また、小さい頃から、母から女性もどんどん社会に出ていくことを後押しされて、今に至っています。

何何をしなきゃいけないとか、女の子はこうあるべきとか、そういうことを言われたことは一切ないんですよ。

むしろ、これからの時代は、女の人でも能力があればどんどん社会に出ていくということがだいじなんだよ、あなたもやればできるんだからやりなさいねと、

いつも母は、私の前の障害物をどけていてくれた!と話しています。

中高時代は中高一貫校

上川陽子さんは、中高一貫校に通われていました。

通われた中高一貫校は、静岡雙葉学園です。中学受験時の偏差値は50です。

高校から大学進学先は難関国立大学や早慶など有名校にたくさん進学しています。

上川陽子さんは、東京大学文科3類に入学しています。高校でもトップクラスだったんですね。

私自身、中学から高校とのんびり6年一貫教育の私立の学校できたから、わりと人が考えないことなどの夢を自分の中で大切に育てることができたような気がします。

高校時代には、外交官になろうかなと考えていたみたいです。それが70歳で外務大臣となり縁を感じますね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次